2017年4月28日注目企業レポート

◇日信工業(7230)
アジアでの増販と北米の採算改善で今期は小幅営業増益を目指す

◇日立国際電気(6756)
7月下旬に公開買付け、11月初めに上場廃止の予定

◇東映アニメーション(4816)
国内外で『ドカバト』が好調、17/3期営業33%増益見通しに上方修正

◇オムロン(6645)
成長に向けた投資を積極化。今期はわずかな営業増益にとどまる計画

◇日本トリム(6788)
今期3%営業増益計画、電解水素水整水器のエビデンス発信など広告活動強化

◇大同特殊鋼(5471)
自動車向け販売数量の増加で18/3期は2桁営業増益を見込む

◇コメリ(8218)
モデル店の水平展開により今期既存店2%増収、9%営業増益へ

◇キッコーマン(2801)
今期営業5%増益を計画、海外も利益回復へ

◇ソフトブレーン(4779)
1Qは29%営業増益。eセールスマネージャー関連事業が好調

◇大阪製鐵(5449)
コスト削減に注力し、18/3期は営業増益への回復を見込む

◇セラク(6199)
上期は16%増収。企業のIT投資拡大を背景に、技術者の需要が拡大

◇積水化学工業(4204)
20/3期の連結営業利益1200億円を目指して成長分野の拡大を進める

◇デクセリアルズ(4980)
需要好調な光学フィルムや自動車領域に集中投資

◇メタウォーター(9551)
ストックビジネスの増加などにより、今期も増収・営業増益へ

◇日立キャピタル(8586)
今期は8%増収見込むが先行投資負担重く税引前利益は10%減予想

◇キヤノンマーケティングジャパン(8060)
1Qは減収スタートとなったが、通期での増収増益計画は変わらず

◇No.1(3562)
18/2期は人員増強等の先行投資を吸収し9%営業増益を計画

◇ローソン(2651)
「中期経営ビジョン」で示された出店加速への警戒感がある

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

2017年4月27日注目企業レポート

◇本田技研工業(7267)
シリコンバレー拠点視察 〜自前主義を脱却しスピード感を持った経営姿勢に変化へ〜

◇SHOEI(7839)
上期利益の計画上振れを受け、今期営業17%減益に上方修正

◇シマノ(7309)
1Qは5%営業減益、通期2%増益計画は据え置き

◇日本BS放送(9414)
上期は10%増収。タイム収入が牽引

◇TOKYO BASE(3415)
積極出店を継続し、今期は36%営業増益を計画

◇日立ハイテクノロジーズ(8036)
18/3期は成長戦略投資が利益を圧迫

◇ティーケーピー(3479)
会議室数の拡大進め今期21%営業増益を計画

◇ほぼ日(3560)
上期はほぼ想定通りの増収、増益に

◇日本電産(6594)
円高想定だが、今期も増収増益を計画。積極的なM&Aへの姿勢も継続

◇コクヨ(7984)
粗利益率改善により1Q営業利益は横ばい、通期4%増益計画は据え置き

◇オーエスジー(6136)
今期業績の出足はまずまず堅調。欧州向け等が伸長

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

2017年4月26日注目企業レポート

◇SFPダイニング(3198)
今期1%営業増益計画、出店抑制し既存店強化に注力

◇中外製薬(4519)
ロシュ向け輸出の増加等から1Qは大幅増益、通期計画据え置き

◇キャリアリンク(6070)
既存BPO大型案件の業務量縮小が響き、今期29%営業減益計画

◇エムスリー(2413)
18/3期も国内外で成長が続く見通し。医療AIビジネス支援などにも取り組む

◇エルテス(3967)
マーケティング費用を吸収して今期3割営業増益を計画

◇セントラル警備保障(9740)
設備投資、人件費の増加で今期は2割強の営業減益を見込む

◇串カツ田中(3547)
1Qは既存店堅調。通期23%営業増益計画は据え置き

◇JSR(4185)
半導体材料の好調持続に加え、合成ゴムの市況も好転

◇高島屋(8233)
営業利益の頭打ち感強く、22/2期会社目標500億円への道筋が見えない

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。