2017年4月25日注目企業レポート

◇アセンテック(3565)
仮想デスクトップシステムを軸に事業を展開

◇ベルシステム24ホールディングス(6183)
伊藤忠とのシナジー拡大等により今期14%営業増益計画

◇わらべや日洋ホールディングス(2918)
今期は営業12%増益計画、特殊要因のコストが減少

◇パルグループホールディングス(2726)
今期も生産集約等の効果により、営業3割増益計画

◇メディア工房(3815)
主力の占いコンテンツ低調などから上期は92%営業減益

◇マーベラス(7844)
17/3期通期営業利益予想を11%増→6%増へ若干減額

◇カブドットコム証券(8703)
四半期毎の経常利益は回復傾向、顧客投資成績重視の経営を標榜

◇スギホールディングス(7649)
既存店3.5%増収を前提に今期は5%営業増益を計画

◇ベクトル(6058)
今期も底堅く推移する見通し、引き続き大幅増収増益を予想

◇ユナイテッド&コレクティブ(3557)
今期は営業18%増益計画、本部経費の圧縮等に注力

◇ホギメディカル(3593)
引き続き新工場償却費負担で18/3期営業29%減益へ

◇東京製鐵(5423)
18/3期は電力料金などのコスト増が利益を圧迫する見通し

◇ゲンダイエージェンシー(2411)
依存症対策など先行き不透明感を背景に今期営業13%減益計画

◇大成建設(1801)
17/3期通期の会社計画を増額修正。中期的な当研究所予想は暫定的に据え置き

◇セブン&アイ・ホールディングス(3382)
成長余地の大きい日米コンビニ事業に経営資源を集中

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

2017年4月24日注目企業レポート

◇富士フイルムホールディングス(4901)
海外子会社の会計処理の妥当性確認のため決算発表を延期

◇チヨダ(8185)
今期は営業9%増益計画、PB強化等で採算改善に注力

◇ビックカメラ(3048)
上期苦戦も下期挽回見込み通期5%営業増益計画を維持

◇ジンズ(3046)
既存店好調で上期70%営業増益、通期42%増益計画に上方修正

◇ジャフコ(8595)
ベンチャーへの期待感は依然強いが、キャピタルゲインは低水準

◇ディップ(2379)
今期15%営業増益計画。積極的な広告投資で認知度向上、ユーザー獲得を図る

◇エディア(3935)
新規タイトルの投入で今期営業2%増益を計画

◇サンヨーハウジング名古屋(8904)
上期実績・受注残などを踏まえ、通期営業8%増益計画を維持

◇エンプラス(6961)
今期は半導体機器事業で成長を見込むが、オプト事業は減収の見通し

◇NOK(7240)
会社側は17/3期の業績計画を上方修正。主力2事業とも増額

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

2017年4月21日注目企業レポート

◇イオンモール(8905)
新たな中期経営計画を策定
3年後に営業利益600億円の達成を目指す

◇エービーシー・マート(2670)
今期は国内横ばいも海外寄与し営業2%増益計画

◇コシダカホールディングス(2157)
上期22%営業増益、3事業が揃って増益。
通期14%増益計画は据え置き

◇日宣(6543)
堅調な事業成長を見込み今期14%営業増益を計画

◇スタジオアタオ(3550)
先行投資積極化によるコスト増を吸収し18/2期は営業8%増益へ

◇東宝(9602)
18/2期は営業19%減益見込むが16/2期比では増加へ

◇イオン(8267)
基盤固めの新「中計」を発表するも、どこまで大胆な改革に踏み込めるか

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。