注目企業レポート2017年7月18日

◇松竹(9601)
1Q順調も夏興行を見極めたいとして通期営業28%減益計画は据え置き

◇明光ネットワークジャパン(4668)
新規連結子会社の業績寄与や経費減少で3Q累計76%営業増益

◇ポケットカード(8519)
1Qは前年同期比4%の増収、営業増益。ショッピング収益が続伸

◇PR TIMES(3922)
1Qは33%営業増益と順調に進捗。期初計画維持

◇ファーストロジック(6037)
17/7 期通期計画を上方修正。営業利益5.9 億円→7.9 億円

◇サンヨーハウジング名古屋(8904)
3Q累計の営業利益進捗率は4割程度で前年同期並みに

◇コーナン商事(7516)
1Qは単独ベースで6%経常減益。既存店が1%減収と想定下回る

◇エディア(3935)
1Qは大幅減収に加え開発投資も先行し営業赤字に転落

◇ビックカメラ(3048)
免税売上高の回復など勘案し通期5%営業増益計画変えず

◇大黒天物産(2791)
今期は6%営業増益を計画。新規出店、低価格商品強化などを推進

◇久光製薬(4530)
1Q低調なスタートだが想定内、今来期減益を見込む予想据え置き

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。