注目企業情報2018年03月29日

◇アズ企画設計(3490)
首都圏で中古物件をリノベーションして販売

◇和心(9271)
和装小物の販売と着物のレンタルを手掛ける

◇ニトリホールディングス(9843)
円安を想定し今期6%営業増益見込むが、為替予約は6月度まで

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

19:36 | Comment(0)

注目企業情報2018年03月26日

◇リコー(7752)
4Qに米国事業で多額の減損損失が発生。営業損益は大幅な赤字に

◇東京ドーム(9681)
減価償却費増や熱海新施設費用などから今期営業11%減益を計画

◇モルフォ(3653)
1Qは研究開発費や販売手数料などの増加で46%営業減益

◇シーイーシー(9692)
今期はスマートファクトリー事業などの拡大を加速

◇SYSホールディングス(3988)
上期は営業26%減益、M&A関連費用や広告宣伝費計上響く

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

20:05 | Comment(0)

注目企業情報2018年03月15日

◇神戸天然物化学(6568)
有機化学品の研究・開発・生産ソリューション事業を展開

◇ペプチドリーム(4587)
事業戦略を推進、研究開発費の増加等から上期は赤字。通期計画据え置き

◇リニカル(2183)
大型国際共同治験の延期、開発計画の見直し等から通期計画を減額修正

◇ダイドーグループホールディングス(2590)
今期は営業17%増益計画、自販機の固定費低減等を想定

◇伊藤園(2593)
通期営業1%増益に下方修正、天候不順等で製品ミックス悪化

◇クミアイ化学工業(4996)
1Qは経営統合したイハラケミカルの寄与で業績が拡大

◇テンポスホールディングス(2751)
3Q累計は飲食事業などの費用先行で7%営業減益。通期16%増益計画を変えず

◇コーセル(6905)
半導体製造装置等の需要拡大追い風に3Q累計44%営業増益

◇パーク24(4666)
買収効果や経費減で1Qは18%営業増益

◇オープンハウス(3288)
1Qは営業1割増益と順調に推移、収益不動産等が伸長

◇ファイズ(9325)
3Q累計は通信販売関連貨物の取り扱いが増え30%営業増益

◇イトクロ(6049)
閑散期の1Qは営業7%増益。通期10%増益計画に変更なし

◇トレンドマイクロ(4704)
日本は5%程度、欧州は25%程度の増収を見込む

◇ブロードリーフ(3673)
システム販売の回復、ネットワークサービスの伸長を見込む

◇エイチーム(3662)
ライフスタイルサポート事業の成長で、18/7期上期の営業利益は2.0倍

◇うるる(3979)
BPO事業の低迷で通期計画を下方修正

◇エル・ティー・エス(6560)
今期は9%増収、25%営業増益を計画。主要顧客との関係強化などを進める

◇ユーザーローカル(3984)
「User Insight」、「Social Insight」など中核製品を機能強化

◇MS&Consulting(6555)
3Q累計は人件費などが膨らむも予算通りに推移。通期の11%営業増益予想を維持

◇エイチ・アイ・エス(9603)
前年が落ち込んでいた反動もあり1Qは6割営業増益

◇テモナ(3985)
1QはEC事業者向け通販システムの利用料収入が増え大幅な営業増益

◇DMG森精機(6141)
昨年後半から足元までの受注は強含み。当研究所の業績予想を増額

◇三菱マテリアル(5711)
子会社の品質不適合品問題などの影響を織り込み、当研究所予想を下方修正

◇住友商事(8053)
当研究所予想を前々回、前回に続き上方修正

◇セガサミーホールディングス(6460)
パチスロ自主規制緩和で暗闇でも一筋の光

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

19:45 | Comment(0)