注目企業情報2020年03月03日

◇アミューズ(4301)
今期営業3%減益計画から一転、52%増益予想に上方修正

◇名南M&A(7076)
事業環境良好、1Q営業利益1.0億円

◇ピアラ(7044)
20/12期は30%営業増益計画。ヒット商品創出重視し顧客あたりの取引増へ

◇ゼビオホールディングス(8281)
3Q累計は営業30%減益も通期営業20%増益計画は変えず

◇高砂香料工業(4914)
3Q累計は原料高騰などから54%営業減益。通期57%減益計画は維持

◇バルテス(4442)
人材・技術への投資を前倒しで実施。通期営業47%増益計画に変更なし

◇新日本製薬(4931)
消費税増税の影響受けるも、化粧品の販売は堅調

◇クボタ(6326)
中国は厳しいが北米やタイの販売は堅調推移を見込み業績伸長を予想

◇第一三共(4568)
特殊要因もあり3Qまでの業績は順調、「エンハーツ」を米国で発売

◇いすゞ自動車(7202)
ボルボ・グループとの提携発表を評価。シナジー効果創出に期待

◇ジェイ エフ イー ホールディングス(5411)
鋼材需要の想定以上の低迷などを考慮して当研究所予想を下方修正

◇セガサミーホールディングス(6460)
来期にかけて営業利益の回復進む見込みだが、遊技機の先行きは楽観できない

◇川崎汽船(9107)
ドライバルク船の運賃が想定を下回り、今・来期の当研究所業績予想を下方修正

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

20:10 | Comment(0)