為替と株の決定的な違いは?

株式投資と外貨証拠金取引との最大の違いは、株の場合殆どが『買い』から始めることが前提となることでしょう。
為替の場合は、証拠金取引なので『売り』から始めることが可能なので、暴落相場でも儲ける事が可能です。逆に言えば下落が止まらないことが多いのです。

株は殆どの投資家が現物株での投資をしているので、暴落の場合は売りが売りを呼んで暴落してもどこかで必ずと言っていいほど下げ止まります。
これは、単純に言えば、売るモノが無くなってしまうので、売る人が市場から居なくなるので、必然的に「買い」の勢力が強くなる現象です。
ただ、暴落後の上昇は短期の利益確定の売りが出ることと、膨大な損失が多少回復したので、塩漬け株を諦めて手放す動きが出るので一旦は持ち合いになる傾向はあります。

エコノミストや経済評論家が口を揃えて、「底は見えない」と言っている今だからこそ「買い」のチャンスかもしれません。
なにせ、投資の世界で確実に年間を通じて利益を出せているのは、市場参加者の2割と言われているのです。大勢の人々が「まだ下がるのでは?」と思っている今だからこそ逆張り投資できる投資家だけがビックチャンスを掴めるのです。

内需関連か輸入関連で配当が出る銘柄を中心に選んで仕込んでおくのも一計ですよ。

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

この記事へのコメント
初めまして、いつもブログ読ませて頂き、とても参考にさせて頂いております。
突然ですが、当社とアフィリエイトのパートナーを組みませんか?
サイトに当社を宣伝して頂き、そこから当商材をご購入になりますと、「Eストアー」から高額の報酬をお支払い致します。
Eストアーが管理してますので安心です。宜しくお願い申し上げます。
B・N・F打法のアルウィン http://ollwin.wd.shopserve.jp/

Posted by 高額報酬アフィリエイト募集!B・N・F打法のアルウィン at 2008年11月03日 11:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック