株式投資専門家は辛い・・・

日本の株式市場は投資家にとってとても厳しい環境が続いています。
バブル経済が崩壊以降順調に回復してきた日経平均もITバブルの崩壊で下落し、それでも回復してきた相場も、米国発のサブプライムショックに始まり、リーマンブラザースの破綻で追い打ちを掛けられ、更にビック3と呼ばれるアメリカ自動車メーカー経営危機ともう為す術が無いとも思われる状態なのに、急激な為替相場の下落で円だけが独歩高の状態で円高不況の再来か?とも言われ今後の株価回復には相当の時間が必要なのかもしれません。

株式投資はどうしても『買い』中心の現物株取引での投資になりますので経済が不安定な状態や先行きに不安感がある今のような環境では利益を出しにくいでしょう。
ましてや、売買差益のキャピタルゲインではなく配当や株主優待などのインカムゲインを狙うにしても、買った価格を大きく下回ったのでは配当金など焼け石に水でしょうし、株主優待実施企業が初の減少などというニュースも流れています。

そこで今日は株式投資で苦しんで居る方にFXで安定して投資が出来る情報をご紹介しましょう。
なぜなら、8月に入ってからの為替相場の急落から正しく自分の資金を守り、確実に資金を増やしていくための手法が語られた無料の音声CDをプレゼントしているからです。

無料音声CDプレゼント
『FX投資で失敗しない7つの法則』

ご存知の方も多いですが、今年3月から数ヶ月掛けてゆっくりと上昇してきた為替相場が8月頭からのほんの20日足らずの間に、半分の値位置まで下落してしまいましたね。
ゆっくり増やしてきた資金が、ちょっと目を離したすきに半分も失ってしまうという感じです。
何も知らずに投資をしていたのでは、あっという間に資金を失ってしまう可能性があるという事です。

ただ逆に、相場の動きが分かる人にとっては今ほどチャンスの時期はありません。

例えば、
・数ヶ月の1度のリズムで規則正しくアップダウン している相場の周期
・相場が急上昇もしくは、急落するタイミングに合わせて注文する方法
・相場の動きが上昇するのか、下落すのか決定してしまう大事なポイント
といった事をです。

これらの事を知っているだけで、利益か大損かのまったく違う結果になってしまいます。
特に1つ目を知っていれば、
いつまでは上昇するのか?
危険な時間帯はいつ頃からなのか?
が分かるので、投資自体の次元が変わってしまいます。
それだけの違いを知らないために、今多くのFX投資家は、日々投資で苦しんでしまっています。

サイトではほんの一握りの人だけが活用している相場のリズムを読み解く方法を話された音声CD【FX投資で失敗しない7つの法則】を無料でプレゼントしています。


10月28日以来の8000円割れ
20日の東京株式市場は、世界経済の後退懸念から幅広い銘柄が売られ、日経平均株価は8000円を割り込んで取引を終えた。平均株価は前日比570円18銭安の7703円04銭。終値での8000円割れは10月28日以来、約3週間ぶり。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081120-00000555-san-bus_all
yahooニュースより

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック