最新企業情報2014.09.10

クックパッド(2193)
会員事業、広告事業ともに順調に拡大

ピジョン(7956)
中国など海外好調持続、国内もコスト削減が寄与し上期は営業24%増益

エン・ジャパン(4849)
1Qは38%営業増益で若干上振れも通期15%営業増益は維持

北越紀州製紙(3865)
1Qは計画を若干下振れ。状況見極めで通期の大幅営業増益計画は維持

アンジェス MG(4563)
「コラテジェン」の開発が国内外で進展、研究開発費の増加で赤字は拡大

リプロセル(4978)
新たな事業譲受を発表。現時点では営業赤字拡大の通期計画に変更なし

椿本チエイン(6371)
1Qは大幅営業増益。通期7%増益予想に変更なし

ハーモニック・ドライブ・システムズ(6324)
産業用ロボット向けが好調。通期営業37%増益計画を据え置く

日鉄鉱業(1515)
1Qは、鉱石部門は拡大したが、金属部門の悪化が響く

三井松島産業(1518)
1Qは石炭価格の下落、操業コストの増加などで石炭生産が赤字

サンワカンパニー(3187)
3Q累計は、ショールームへの来場数増で注文件数が伸長。売上総利益率も向上

富士製薬工業(4554)
主力製品が好調持続。3Q累計の営業利益横ばいだが、通期では増益を計画

ジャパンマテリアル(6055)
1Q営業82%増益。状況見極めで通期6%増益の計画は変えず

丸紅(8002)
15/3期1Q業績は非資源分野の寄与で順調に推移

三井金属鉱業(5706)
1Qは好調に推移。QBR予想を上方修正

アルパイン(6816)
1Qは41%営業増益で想定以上に堅調。QBR予想を上方修正

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック