2017年5月1日注目企業レポート

◇総合メディカル(4775)
調剤技術料獲得などに取り組み今期12%営業増益を計画

◇日本電気硝子(5214)
ガラスファイバの販売が好調に推移。生産性の改善も進む

◇大阪瓦斯(9532)
今期も料金転嫁のタイムラグによる影響額が減益要因へ。電力、海外の悪化も響く

◇ファナック(6954)
中国・アジアで前期終盤から需要が拡大。今期前半業績も強い見通し

◇北陸電力(9505)
今期利益予想および配当金の計画は未定

◇北陸電気工事(1930)
前期は6%減収だが営業利益1%増益。今期は4%増収、営業利益微増へ

◇協和発酵キリン(4151)
技術収入の増加等から1Qは大幅増益、通期計画据え置き

◇三菱鉛筆(7976)
新規連結子会社の業績寄与で1Qは9%営業増益

◇神戸製鋼所(5406)
今18/3期は前期に不振だった鉄鋼、建設機械の改善を見込む

◇日本航空電子工業(6807)
前期立ち上げた新製品の販売伸長、生産性改善等で今期は33%営業増益へ

◇三陽商会(8011)
前期の構造改革等が奏功し、1Qの営業赤字は計画通り縮小

◇大東建託(1878)
18/3期は労務費・資材価格の上昇などで完工粗利益率の低下を想定

◇沖縄セルラー電話(9436)
今期も6期連続となる増収増益を目指す

◇松井証券(8628)
株式低迷だが、投信強化で、収益の多様化を推進

◇栄研化学(4549)
研究開発費の期ずれで今期は2割超の営業減益を計画

◇ヒューリック(3003)
今期は物件売却が下期に集中するため、1Qは営業2割減益も想定内

◇パナホーム(1924)
パナソニックによる完全子会社化に向けたスキームが変更に

◇東亞合成(4045)
1Qは基幹化学品の採算改善などで順調な滑り出しに

◇アンリツ(6754)
18/3期は営業4%増益を計画、計測事業が3%増益へ

◇マックス(6454)
コンクリート構造物向け工具と表示作成機の拡販で増収、営業増益を計画

◇トクヤマ(4043)
マレーシア子会社の処理が進み、優先株の買入消却と復配を決定

◇四国化成工業(4099)
今期は原料高と減価償却費負担増が重石に

◇富士電機(6504)
パワエレシステムを強化し、海外需要の取り込みを拡大へ

◇積水ハウス(1928)
国際ビジネスの米国事業の拡大などで中期的に営業増益基調を見込む

◇花王(4452)
高付加価値品の数量増で着実な業績拡大を予想

◇オービック(4684)
上場前を含め24期連続の営業増益へ

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック