ACCESSを買い

権利落ち 反落

本日の市場動向
 日経平均は反落。
 市場推計で100円程度の権利落ち分があったため、それを考慮すれば実質はしっかりした動きとなった。
 午後はインドや香港株が小じっかり推移したことや、為替がやや円安に傾いたことなどから大引けにかけて下落幅が縮小したものの、手がかり不足で薄商い。

 東証1部の売買代金は1兆7815億円と、再び2兆円を割り込んだ。「薄商いの中、少数の特定プレーヤーの動きで相場が動き、手を出しにくい相場」(準大手証券)となった。
 東証1部騰落数は値上がり700銘柄に対し、値下がりは912銘柄。変わらずは100銘柄だった。



本日までの残高(08/03/26)大引け後
保有(現物買い)
銘柄 番号 保有数 平均単価 時価 保有総額 収支
JAL 9205 1000 264 259 259,000 -5,000
ACCESS 4813 1 340,000 340,000 340,000 0
小計 7267 9432 6703 7911 599,000 -5,000

保有(信用売り)
銘柄 番号 保有数 平均単価 時価 保有総額 収支
宇部興 4208 0000 000 000 000,000 000,000
宇部興 4208 0000 000 000 000,000 000,000
小計 7267 9432 6703 7911 000,000 0

売却損益
銘柄 番号 保有数 取得単価 売却単価 収支
宇部興 4208 1000 346 317 29,000
新日石 5001 1000 775 745 30,000
JAL 9205 1000 262 247 -15,000
アツギ 3529 1000 150 137 -13,000
関西電 9503 100 2,795 2,565 -23,000
OKI 6703 1000 177 165 -15,000
三菱自 7211 1000 210 192 -18,000
光世証 8617 1000 156 140 -18,000
三菱自 7211 1000 188 220 32,000
東宝 9602 100 2,400 2,160 -24,000
昭和シ 5002 200 1,313 1,414 20,200
山下医 3022 100 2,100 1,921 -17,900
明電舎 6508 1000 450 438 -12,000
東宝 9602 200 2,325 2,270 -11,000
東宝 9602 100 2,285 2,230 -5,500
東宝 9602 100 2,285 2,180 -10,500
小計 -71,700

売買済み損益 10000000 -71,700
現物含み損益 -5,000
信用含み損益 00000000 0
手数料 00000000 -50,400
合計 -127,100
信用証拠金 0
現物買い投資金 604,000
現金残金 00000000 276,000
資産総額 872,900

推奨銘柄の動向
現物買い
JAL(9205)は5円安。
権利落ち日の関係もあるでしょうが、−5円となりましたが、予測よりは落ちずに済みましたね。
今後は2007年度の決算を見据えた展開になると思いますが、揉み合い状況はさほど変わらずも、上昇の展開になると予測しています。

ACCESS(4813)
ACCESSを終値でエントリーしました。
25日平均を終値ベースで上回り、上昇の展開と予測しています。
直近の安値が、275,000円で今年の最安値ですので、損切りを274,000円とします。
サイクル的には、PCサイクルが26週だと見ています。丁度、転換点だと考えていますので、目先は410,000円越ですが、順調に回復すれば600,000円越も狙えます。

信用売り


注目の市場ニュース
ジャガーとランドローバー買収
米自動車大手フォード・モーターは26日、傘下の英高級車ブランド「ジャガー」「ランドローバー」について、インドの自動車最大手タタ・モーターズに23億ドル(約2300億円)で売却すると発表した。タタによる世界的ブランドの買収は、インド経済の急成長に伴って存在感を高める同国企業の勢いを強く印象付けそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080326-00000169-jij-int


   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

OKI(沖電気)6703をエントリー

日経平均が小反発

本日の市場動向


日経平均が大幅続伸。朝方はもみあうなかで一時1万5000円を割り込む場面もみられたものの、その後は薄商いのなかを先物主導で上昇した。米メリルリンチがシンガポールのテマセク・ホールディングス[TEM.UL]から最大50億ドルの資本注入を受ける可能性があるとの一部報道を手掛かりに、日経平均は200円を超える上昇となった。
このところの日経平均は、1万5000円を下値として意識する展開が続いている。朝方には一時1万5000円をわずかに割り込む場面もあったが、この水準からは新日本製鉄<5401.T>など市況関連株やトヨタ自動車<7203.T>など輸出関連株への買いが強まり、先物買いと合わせて日経平均を押し上げた。
後場に入ると、上昇幅は200円を超える一段高となった。21日付の米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙がメリルリンチについて、テマセク・ホールディングス[TEM.UL]から資本注入を受ける可能性がある、と伝えたことが支援材料になった。グローベックス市場の米国株指数先物が上昇し、香港株などアジア市場も堅調になったことが東京市場のムードを明るくした。

本日までの残高

(07/12/21)大引け後
保有現物
銘柄   番号  保有数 平均単価 時価 保有総額  収支
アツギ   3529   1000   150  142  142,000 -8,000
JAL   9205   1000   262  255  255,000 -7,000
関西電   9503    100  2,795 2,715  271,500 -8,000
OKI   6703   1000   177  177  177,000 0
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
小 計                     845,500 -23,000
    
売却損益
銘柄   番号  保有数  取得単価 売却単価  収支
三菱自    7211 1000 210    192  -15,000
光世証券   8617   1000   156    140  -18,000
三菱自    7211   1000   188    220  +32,000
東宝    9602    100    2,400  2,160 -24,000
昭和シェル  5002    200   1,313  1,414  +20,200
山下医科  3022    100   2,100  1,921  -17,900
明電舎   6508  1,000    450   438  -12,000
東宝     9602    200   2,325  2,270  -11,000
東宝     9602    100   2,285  2,230  -5,500
東宝     9602    100   2,285  2,180  -10,500
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                           -61,700
手数料                        -33,600
現金残金                  36,200
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
合計                    881,700 -118,300

推奨銘柄の動向


アツギが+1円。JALが−3円・関西電が−50円となっています。
関西電はPCサイクルの8週目が終了し、来週が9週目です。
3週連続の陰線でしたので、来週からは反発が期待されるところですね。
JALは19週終了で、来週が20週目です。第一MCの下値を切らずに引けたのは好材料だと思っています。更に、今週が大陰線でしたので、こちらも来週は反発が期待できそうです。

本日の大引けでOKI(沖電気)6703をエントリーしました。
低位株ですのでリスクを限定出来る事と、損切りラインが165円ですのでそれほど痛手を負わずに済みますし、PCのスタートだとも思えます。

注目の市場ニュース


<パスネット>来年3月14日で廃止
首都圏の私鉄、バスなどが加盟するパスネット協議会は21日、磁気方式のプリペイドカード「パスネット」を来年3月14日で廃止し、改札機で使えなくすると発表した。使用途中のカードは手数料なしで払い戻す。ICカード乗車券「PASMO」(パスモ)へのチャージ(入金)にも応じる。
発売は1月10日に終える。自動券売機での切符購入や乗り越し精算は3月14日以降も当分、利用できるようにする。00年10月の発売開始から6億6790万枚売り上げ、定期券を除く改札機の昨年の利用率は4割だった。しかし、今年3月から始めたパスモのサービスに押され、利用率は1割弱まで落ち込んでいた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071221-00000081-mai-soci
yahooニュースより引用

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

3営業日ぶりに1万5000円台を回復

来週の日経平均は下値模索

本日の市場感想


東京株式市場では、日経平均が大幅続伸。終値で1万5000円台を回復し、上げ幅は一時400円を超えました。23日の米国株高を受けて銀行株(特にメガバンク系が軒並み上げました)を中心に買い戻しが先行。その後、一部で中国の政府系ファンドが日本株に投資すると伝えられたことをきっかけに期待感から先物への買いが強まり、日経平均を一段と押し上げた格好になりました。引けに掛けては、多少、売りが先行し伸び悩みましたが+246.44円高で取引を終えました。

本日までの残高

(07/11/26)大引け後
保有現物
銘柄   番号  保有数 平均単価 時価 保有総額  収支
アツギ   3529   1000   150  144  144,000 -6,000
JAL   9205   1000   262  270  270,000 8,000
関西電   9503    100  2,795 2,795  279,500 0
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
小 計                     693,500 2,000
    
売却損益
銘柄   番号  保有数  取得単価 売却単価  収支
三菱自    7211 1000 210    192  -15,000
光世証券   8617   1000   156    140  -18,000
三菱自    7211   1000   188    220  +32,000
東宝    9602    100    2,400  2,160 -24,000
昭和シェル  5002    200   1,313  1,414  +20,200
山下医科  3022    100   2,100  1,921  -17,900
明電舎   6508  1,000    450   438  -12,000
東宝     9602    200   2,325  2,270  -11,000
東宝     9602    100   2,285  2,230  -5,500
東宝     9602    100   2,285  2,180  -10,500
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                           -61,700
手数料                        -31,500
現金残金                 215,300
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
合計                    908,800  -91,200

保有銘柄の動向


本日、関西電力(9503)を引けで買いました。
日経平均が下落の一途を辿るのに反し、着実に伸びていましたので、注意はしていましたが、ここまでくると安心感があります。
この堅調さは、個人投資家のみならず、市場全体に広がると一気に株価を押し上げる可能性が高いと判断しています。
目標は、2007/02/07の3,920円越。
損切りは、2007/11/14の2,565円に設定しました。
(もっと安全にされたい方は、2007/10/22の2,455円で良いと思います)

JALが伸びて270円を回復です。

注目の市場ニュース


<一般信書便>参入規制、事実上撤廃へ

民営化された日本郵政グループの独占状態にある手紙やはがきなど「一般信書便事業」への新規参入促進策を盛り込んだ政府の郵便事業改革案の全容が25日明らかになった。一般信書便では、単一業者による全国一元的なサービス提供やポスト10万本設置を義務付けた現行の参入規制を事実上撤廃。複数業者が連携しサービスを全国提供するのを認めるほか、都市圏など特定地域で事業を行い残りの地域は日本郵政に集配業務を委託する形での新規参入も認める。

このニュースで所謂宅配便事業者の株価がどう反応するか見物ですね。ちなみにヤマトHDは+7円でした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071126-00000012-mai-bus_all
yahooニュースより引用

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

相互リンクの申し込みは、コメントを頂くかこちらからお願いします。
キーワードアドバイスツールプラス Powered by SEO対策
サイトマップラス Powered by SEO対策