企業ニュース

◇近鉄エクスプレス(9375)課徴金納付などで通期の純利益予想を15億円減額


◇西日本鉄道(9031)
課徴金納付で通期の純利益予想を減額


◇共英製鋼(5440)
東京鉄鋼と共同持株会社方式での経営統合で基本合意

◇カシオ計算機(6952)
デジカメ不振、通期最終230億円の赤字に転落


◇三井ハイテック(6966)
ICリードフレーム等が低迷、今期は27%減収、営業赤字48億円に


◇アルプス電気(6770)
アルパインの悪化が響き、今期の純損失を680億円に修正

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

お宝銘柄を探す

日本経済も世界的に見れば比較的ダメージが少ないと思われているようですが、株式市場は自立反発など期待できる訳でもなく、NY市場の動向に左右される展開が続いています。

まして東証1部上場企業の決算は軒並み”減収減益”で、日本経済をリードしてきた自動車産業や鉄鋼などの素材メーカーも壊滅状態です。

そんな中でお宝銘柄を探すキーワードは、「不況を逆手」「巣ごもり」「差別化」そして「独自性」でしょう。

もし、あなたの持っている証券会社の口座で、スクーリング機能があるのであれば、「出来高増」「前週比5%アップ」などの設定でスクーリングしてみても面白い筈です。

出来高が伴って株価が上昇していると言うことは、ファンダメンタル的に何か裏付けがあって、早々と仕掛けている機関投資家や個人が居ると言うことです。

そこにピックアップされた企業に前出のキーワードが当て嵌まれば、『お宝銘柄』や『大化け株』になる可能性が高いでしょう。

【過去最高益を見込む企業(09年3月期)上位10社】
◇社名/主な事業/予想経常増益率
◆片倉チッカリン/肥料関連/223.3%
◆昭和産業/小麦粉製造/95.4%
◆カカクコム/比較サイト「価格コム」/74.1%
◆ホシデン/携帯電話マイク部品/60.9%
◆トリドール/外食チェーン(焼き鳥)58.7%
◆メガチップス/電子部品/48.3%
◆矢作建設工業/建設(名古屋)/48.0%
◆極洋/水産品/44.3%
◆田辺三菱製薬/医薬品/36.9%
◆オリエンタルランド/東京ディズニーリゾート/30.6%

まぁここに上がっている企業の他にもファーストリテーリングや日本マクドナルドなどもキーワードにマッチした企業で業績も好調で、業界トップであることに違いはありません。


その他でキーワードになる重要な要素は”内需型””差別化”などですよ。

   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。

マツダ、「MPV」5万台余リコール

日経平均は大幅続伸

本日の市場動向
日経平均株価(225種)の3日の終値は、前日比200円54銭高の1万3389円90銭。

 アジア市場の株価上昇や、外国為替市場での円高一服を好感し、買いが優勢になった。日経平均の値上がりは3日連続。

 第1部の出来高は約20億7200万株。市場関係者は「米市場で過度な信用不安は後退したとの見方から、株式市場に資金が戻りつつある」(中堅証券)と指摘している。



本日までの残高(08/04/03)大引け後
保有(現物買い)
銘柄 番号 保有数 平均単価 時価 保有総額 収支
JAL 9205 1000 264 264 264,000 0
ACE 4813 1 340,000 356,000 356,000 16,000
小計 7267 9432 6703 7911 620,000 16,000

保有(信用売り)
銘柄 番号 保有数 平均単価 時価 保有総額 収支
宇部興 4208 0000 000 000 000,000 000,000
宇部興 4208 0000 000 000 000,000 000,000
小計 7267 9432 6703 7911 000,000 0

売却損益
銘柄 番号 保有数 取得単価 売却単価 収支
宇部興 4208 1000 346 317 29,000
新日石 5001 1000 775 745 30,000
JAL 9205 1000 262 247 -15,000
アツギ 3529 1000 150 137 -13,000
関西電 9503 100 2,795 2,565 -23,000
OKI 6703 1000 177 165 -15,000
三菱自 7211 1000 210 192 -18,000
光世証 8617 1000 156 140 -18,000
三菱自 7211 1000 188 220 32,000
東宝 9602 100 2,400 2,160 -24,000
昭和シ 5002 200 1,313 1,414 20,200
山下医 3022 100 2,100 1,921 -17,900
明電舎 6508 1000 450 438 -12,000
東宝 9602 200 2,325 2,270 -11,000
東宝 9602 100 2,285 2,230 -5,500
東宝 9602 100 2,285 2,180 -10,500
小計 -71,700

売買済み損益 10000000 -71,700
現物含み損益 16,000
信用含み損益 00000000 0
手数料 00000000 -50,400
合計 -106,100
信用証拠金 0
現物買い投資金 604,000
現金残金 00000000 276,000
資産総額 893,900

推奨銘柄の動向
現物買い
JAL(9205)は2円高。
第2PCサイクル(10週目)には入っていると思うのですが、いまいち吹き上がりませんね。
とりあえずは、買いの金額まで戻していますので、目先は270円超えが一つのポイントになりそうです。持ち合いは上離れすると予測しているのでジッと我慢です。

ACCESS(4813)12,000円高
動きが大きくありませんが、PCサイクルの初期(2週目)だと予測しています。新興株でもあるので、上下動が激しいとは予想されますが、大きく下げても慌てないで待つのが大事でしょうね。

信用売り


注目の市場ニュース
マツダ、「MPV」5万台余リコール
 マツダは3日、乗用車「MPV」の油圧ホースなどに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象は2005年12月から今年3月までに製造された5万2513台。
 パワーステアリング用油圧ホースが変形しているものがあり、作動油が漏れて排気管に付着し、火災になる恐れがある。
 長崎市で2月、走行中にエンジンルームから煙が上がり、停車後に車両が全焼する火災があった。
 メルセデス・ベンツ日本も同日、ワゴン車「ビアノ」「V350」の燃料ホースに不具合があるとしてリコールを届け出た。対象は03年11月から昨年9月までに輸入された4186台で、06年8月の対策が不十分だったことによる再リコール。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080403-00000080-jij-soci


   ↓↓↓このブログが気になったらクリックにご協力ください。
   にほんブログ村 株ブログへ

ご注意
本文中で言うプライマリーサイクルとはトレードに
おいて最も重要となる平均約18週前後 のサイクルの
ことであり、メジャーサイクルとはプライマリーサイクル
を構成する平均 約6週前後のサイクル、中期サイクルとは
プライマリーサイクルが2〜3個集まってできる長期の
サイクルのことを指します。
*本文中のPCとはプライマリーサイクルを指し、MCとは
メジャーサイクルのことを指しています。
参考図書 相場サイクルの基本 投資日報出版社

本ブログではレイモンド.A.メリマン氏の提唱するサイクル理論と
ダウ理論を基本にテクニカル分析を主眼に市場の分析を行って
おります。
投資は自己責任となっておりますのでしっかりとリスク管理を
してください。
私の提供する情報の使い方はあなた自身の価値観、考えや判断に
基づくもので、それによって発生した損失やトラブルには私はい
かなる責任も負いかねます。